てま里って?

てま里は、
里山のくらしと、人のあたたかみを
分かち合える場所。

宿やカフェは⼿段で、⽬的は、鳥取県南部町の⼿と⼿、⾃然の間に込められたあたたかみを、世代、住む場所、性別を超えて分かち合うことです。

鳥取県南部町にあります。

⽶⼦から⾞で約15分。
⼩さな⼭々に囲まれ、⽥んぼや畑があり、⼩川が流れるそんな町です。

どこにあるの?

てま里は、
「小さなカフェとお宿のある寄り合い場」です。
あるのは・・・

何があるの?

てまりば

私たちの1番お気に⼊りの場所は、この寄り合い場(てまりば)。誰でも⾃由に使える交流スペースです。⼤きな⼿作りの⽊のテーブルを囲んで、お話したり、本を読んだり、教えあったり。

てまりば(交流スペース)は、どなたでもご自由に使っていただけます。

OPEN 11:00-21:00
(21:00に消灯・施錠します)
CLOSE 水曜日
※日程、時間はご相談に応じますので、ご連絡ください。

シェアキッチン

誰でも自由に使える対面式のキッチンを完備。南部町のとれたて食材を持ち込んで、いろんな人とお話ししながらお料理しませんか。

  • 貸切希望の場合はご一報ください。
  • テーブル使用時:最大約20名程度収容
  • 部屋は間仕切りで2分割可能:約6名程度収容
  • テーブルは出し入れ可能
  • 光熱費、維持費はお気持ちで。もしくは差し入れ(お野菜やお米など)の物々交換も嬉しいです。
  • 参加費制のイベント開催希望についてもご相談ください。
  • 貸切利用のご連絡・ご相談はこちらから

てま里の運営

てま里は手間地区交流拠点施設として2019年4月にオープンしました。はじまりは2016年に一般社団法人全国学生連携機構の学生が、古民家を活用し、手間地区ににぎわいを創出することを提案したこと。これがきっかけとなって、地域住民で検討委員会を1年間開催。実働部隊として地域おこし協力隊も参加し、てま里運営団体「一般社団法人 手間山の里」を立ち上げました。
モットーは「地域の賑わいは、自分たちの手で」。古民家改修と開業準備に関しては、国・県・町、そして皆様のお力をお借りしております。
運営は手間山の里を中心に、地域の協力を仰ぎながら、自立した経営を行ってまいります。

スタッフ紹介

ゲストの皆様の快適な旅の拠点として寛げるよう、毎日清掃し、いつでも居心地の良い時間を提供しています。時には一緒にお茶をしたり、パーティーをしたり、てまり里で過ごす時間も旅の思い出となるよう、おもてなしさせていただきます。

  • STAFF 01

    いさおちゃん(代表理事)

    特技:ゴルフ

  • STAFF 02

    ひとちゃん(地域のまとめ役)

    特技:カラオケ

  • STAFF 03

    シュンスケ(カフェマスター)

    特技:釣り

  • STAFF 04

    かなこ
    (ゲストハウス・英会話の人)

    特技:笑顔

  • STAFF 05

    ふみおちゃん(ムードメーカー)

    特技:飲み会

  • STAFF 06

    もりちゃん(てま里のお母さん)

    特技:エステ

  • STAFF 07

    まいちゃん(スペシャルサポーター)

    特技:えほん

こちらもご覧ください。